スーパーフードの摂取は健康維持と美容に役立つ

最近になりメディアやネットで見聞きする機会が増えて認知度も上昇しているのがスーパーフードですが、始まりは1980年代のアメリカやカナダで専門家が有効成分を突出して多く含む食品に対して、使う様になっています。

アラプラススポーツに対して関心度が高まっています。

その後アメリカでは有名芸能人やモデルにセレブ達が摂取する様になり、人気に火がついて日本にも上陸したのです。

スーパーフードの定義はその素材1つで栄養バランスが非常に優れていて、一般的な食品よりも栄養価の高い食材の事を言います。



定義としては少し曖昧なのですが、一般的な食材とサプリメントの中間のような存在で、料理の食材としても使えますし健康食品としての用途もあるのです。



色々な食材がスーパーフードと呼ばれていますが、中でもアメリカやカナダで代表的とされ日本スーパーフード協会がとくに重要と考えて紹介しているのがプライマリースーパーフード10と言われています。その食材とはスピルリナやマカにクコの実を始め、カカオやチアシードにココナッツとアサイー、さらにはカムカムとブロッコリースーパースプラウトに麻の実(ヘンプ)です。

どの食材も特徴や期待出来る効果も違うのですが、手軽に摂取出来る物からサプリメントとして人気急上昇中の食材まであり、普段の料理に混ぜる事で効果的に摂取出来る物もあります。

また最近ではスピルリナも注目されてスムージーにして摂取したりサプリメントとしても販売されており、これからも可能性を持った食材として認められているのです。